RASHISA SKILL♯3 写真映像作家のお仕事「写真セミナー 初心者編」第1回

RASHISA SKILL♯3

<一人一人がそれぞれの良さを存分に発揮し自分『らしさ〜RASHISA〜』を見つけられる交流の場>

RASHISAは、自分らしく働くことを目指したい方のサポートを目的として情報発信をしていきます!

人は、見たことがないものや知らない人に憧れたり、一緒に働きたいと思うことはとても難しいです。
どこかで聞いた話、人から教えてもらった本、会った人などから、影響を受け、憧れを抱き、夢を描くのではないでしょうか。

ぜひ人生のより早い時期に、いろいろな分野で輝く人に出逢い、将来の選択肢を増やすことで、自分らしく生きる生き方や働き方を見つけていただけましたら嬉しいです。

RASHISA SKILLでは、一流の人の話を聞き、仕事を体験し、実際に手を動かしてみる中で自分の「好き」を明確にし、自分の人生を自分で生きるきっかけをご提供していきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
写真家のお仕事講座
写真セミナー・人物写真編
「キレイな撮り方・撮られ方」

<概要>
写真映像作家の松井みさきさんによる写真セミナー!
今回は人物写真編です。

<こういった方にオススメです>
人物撮りのスキルを上げたい方
写真に携わる仕事に興味がある方
写真に綺麗に写るコツが知りたい方

<講座で得られるメリット>
キレイな撮り方がわかると、撮られ方もわかります!
人物撮影スキルを身につけると、ブログや広報用の写真に適切な素材を撮る技術も上がります。
写真に携わるお仕事をお考えの方はぜひご参加ください!

<講座の内容>
人物写真を撮影するとき、モデルの方がぎこちなくなってしまうことはありませんか?
相手にどういう立ち方やポーズをディレクションすれば、キレイに撮ることができるのでしょうか?
どんなふうにコミュニケーションすれば、リラックスした自然な表情を引き出せるのでしょうか?
また、ご自身が撮られるときも、どんな立ち方をすれば、自然に、そしてキレイに写るのでしょうか?
撮影時のポージングのディレクションと、相手にリラックスしてもらうためのコミュニケーションのアドバイスをさせて頂きます。

<登壇者>
misaki matsui 松井みさき
写真映像作家。神戸生まれ。
日本での広告会社でのプランナーを経て、2008年に写真家になるためにニューヨークに渡る。風景・人物の写真展を日米で開催。
2013年より映像も制作。これまでの監督作品は「white sea」(ミュージックビデオ/レインダンス映画祭)、「KASUMI」(短編映画/モナコ国際映画祭)、「ケンジとケイスケと – ブルックリン ニューヨーク -」(ドキュメンタリー/ショートショート フィルムフェスティバル & アジア)、「ペルシャからの風」(ドキュメンタリー/なら国際映画祭、ロンドン東アジア映画祭)。
2019年にニューヨークの出版社ムセイヨンより、英語ガイドブック写真集「Tokyo Mindscapes」を出版し、インターナショナル・フォトグラフィ・アワード、ロンドン・インターナショナル・クリエイティブ・コンペティションの本部門に入選、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、アジア、ドバイ、日本などで発売中。現在、東京とニューヨークで活動中。
公益社団法人日本写真協会・正会員。
www.misakimatsui.com – no moment without hope –

関連記事

  1. RASHISA SKILL♯1 編集・ライターのお仕事「いろはのい」講…

  2. RASHISA SKILL#4 営業マンのお仕事講座〜コミュニケーショ…

  3. RASHISA SKILL♯2 営業マンのお仕事「営業力セミナー 初心…

  4. RASHISA SKILL#6 編集・ライター講座第二回 話の引き出し…

  5. RASHISA SKILL#5 ~誰でも漫画が描ける!エッセイ漫画講座…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)