【RASHISA第11回 】開催!

【RASHISA第11回 】
今回は、エストニアを拠点にされてる齋藤アレックス剛太さんが特別ゲストとしてご参加くださるので、
通常のスケジュールより1時間前に特別交流会をスタートいたします。
どうぞよろしくお願い申し上げます!

■日時
7月16日(火)

■スケジュール
17:30    受付開始
18:00~19:00 特別交流会・齋藤アレックスさん
19:00    RASHISA start
19:00~19:10 中須さん 自己紹介
19:10~19:20 谷川さん 自己紹介
19:20~20:00 テーマについて対談
20:00~20:10 休憩
20:10~20:45 質疑応答・座談会
21:00 close

■場所
とびら 最寄駅:阪急烏丸駅 地下鉄四条駅
(京都府京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町480番地オフィスワン四条烏丸13階)

■内容
今回は下記のお二方にお越しいただきご対談いただきます。

<中須俊治さん>
1990年、京都府生まれ。
㈱AFURIKA DOGS|アフリカドッグス・代表。
学生時代、単身アフリカへ。
世界最貧国でみた生活の豊かさに感銘を受けた一方で、障害者差別の現状を目の当たりにする。
現地の友人と「みんなが笑って過ごせる世界をつくろう」と約束して帰国。
大学卒業後、地元金融機関に就職。
京都の伝統技術に触れたことをヒントに「アフリカ×京都」をテーマにしたものづくりを開始する。
2018年、かつて友人と交わした約束を果たすべく創業。
フランス・パリでの商品発表を経て、アフリカ最貧国での社会的インパクトを最大化するファッションスタイルを提案している。
社会起業家の登竜門「ソーシャルビジネスプランコンペedge」ファイナリスト、「アフリカ起業支援コンソーシアム」支援先事業認定。

<谷川 嘉浩(たにがわ よしひろ) さん>
京都大学人間環境学研究科博士後期課程、京都市立芸術大学非常勤講師、日本学術振興会特別研究員(DC2)
専門は、哲学・観光学・教育学・消費社会論。
特に哲学では、「プラグマティズム」と呼ばれるアメリカに源流を持つ哲学をベースに、「宗教」「政治」「消費」という三つの観点から、近代社会について研究を進める。
有限性、共同性、想像力、創造性をキーワードに、デザイン・広告論からボーカロイド、アナログゲーム制作/研究まで、幅広く活動・発信を行う。
新京都学派の「言葉と教育」研究会共同代表。
著書に、戸田剛文編『今からはじめる哲学入門』京都大学出版会、『ユリイカ 総特集=梅原猛』青土社、岡本健・田島悠来編『メディア・コンテンツ・スタディーズ』ナカニシヤ出版(近刊)など。

※以前、谷川さんが登壇されたイベントはこちらとなります。

https://peatix.com/event/674363?lang=ja

■特別ゲスト
<齋藤アレックス剛太さん>
SetGo Co-founder / エストニアe-Residency公式ライター
エストニア在住の26歳。
2016年に世界一周に挑戦し、エストニアが41カ国目。慶應義塾大学卒業後、外資系コンサルティングファーム EY Japan に参画。
テクノロジー領域のプロジェクトに継続して携わる。
2018年4月にEYを離れ、クラウドファンディングで資金調達をした後、単身エストニアへ。 
エストニアでは、オンライン本人確認サービスを提供している現地スタートアップ・Veriffに参画。急成長中のスタートアップで唯一の日本人として、グローバルマーケットを相手にした事業開発、経営戦略の策定を行った。
2019年2月には、同じくエストニアを拠点としているブロックチェーンスタートアップ・blockhiveのメンバーファームとしてSetGo Estonia OÜを設立。Co-founderとして、e-Residencyと連携したサービスを提供している。
Forbes Japanオフィシャルコラムニストとしても活動中。

■会費
高校生       : 0円
大学生(2回生以上):1,000円
会社員        :2,000円
個人事業主・経営者 :3,000円


途中参加、途中退室も可能ですのでお気軽にお越し下さい。
皆様とお会いできますこと楽しみにしております!

関連記事

  1. RASHISA特別編〜場所について考える〜開催!

  2. RASHISA TALK#1

  3. RASHISA TALK やりたいことを見つけられたAIエンジニアとコ…

  4. 【RASHISA第8回 】開催!

  5. RASHISA TALK♯6 テクノロジーとコミュニティで新たな教育の…

  6. 【RASHISA第11回のイベントレポートを書いていただきました!】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)